アイクというスピリチュアル記者

…by Jerome Putnam

 

アイクというスピリチュアル記者

アイクによって、次元間や地球外の爬虫人の悪党主役を果たしていなくて、実はわれわれに潜んでいる 未発見の永遠力が大事な啓示で、それでまず、第一歩は「グローバル・エリートの詐欺」から別れる必要である。

天職

David Icke

David Icke

 

デイヴィッド・アイクDavid Icke) 1952429日にイングランドのほぼ中央部に位置するレスターで生まれた。彼はプロフットボール(ゴール)になることを望んだが、関節炎によるスポーツ記者に向けてのキャリアを変更し、緑の党のスポークスマンも試してみてから、ようやく、いろいろな印象的なスピリチュアル(例えばペルーでの)経験を積み重ね、結局「陰謀説」のベストセラーの著者になってしまった。

1990年には、彼のための明確な転換点だった:ベティ・シャインというサイキックは、彼は神のメッセージを受け取って、多くの聴衆の前で発表することを預言した。演説講師 」としての 画期的な時期はちょうど9112001年の頃でした。もちろん、彼だけではなくて、様々な自立研究者は長い間に証明したのは、エリートの多国籍企業は密かに世界征服を企んでいることである。

エリートの主なトリック: 偽旗false flag

20世紀には、アメリカと協力しなかった 支配者(チリのアジェンデ、イラクのフセイン、リビアのカダフィ、エジプトのムバラクなど)が明らかに暗殺か倒された 。 我々は南アメリカや中東に住んでいなかったら、直接影響を及ぼさない。しかし、グローバル化した世界では、ヨーロッパの司令官や政治家は主に米国、イスラエル、サウジアラビアにたいへん影響されている。 長引くシリアの紛争 は一つの例(偽抵抗者 対「西洋に制御不能のアサド」)。

我々の行動や思考に 影響を与えるために「影の国際政府

の戦略は、「問題 反応 解決

である. 小学生もすぐ 理解できるように工夫された 。
Towers

1 エリートは、問題が発生するまで待たず、自分で問題を作るか引き起こす。例は先駆的なテクノロジーで引き起こした災害、偽テロ攻撃、偽敵との戦争、偽貧困(例は 天然資源たっぷりアフリカ)、社会混乱(失業率)、わざわざ広げた流行病、人間のせいの地球温暖化など。

2 それで、常に「たすけてー!

悲鳴の反応が広げ回って、大衆パニックが発生する。

3 エリートは、エリート好みの解決を提案する。すでに準備されているの新しい全体主義法律でエリートの勢力を」さらに拡大する。

このプロセスは、何度も何度も 繰り返されて、最後に彼らによって「完璧」のサーベイランス(全体監視)の世界に完了する。この「新世界秩序」( New World Order )が達成されたら、退屈しているエリートは次何を企むのでしょう。。。

心のインターネット

アイクの大事なマントラの一つは、「ドット(情報)をつながる」である。私達はその情報の手がかりをインターネット上のみで見てはいけない。心理学者ユングによって存在する のは「集合的無意識」である。アイク 無限の意識」の概念を常に使う。 我々は、本当のワイヤレス接続を確立するために、この「心のユニバーサルインターネット」に戻り、おそらく我々はこの間、もはや物理的なインターネットを用いられなくなるかもしれません。 正しいアクセスコードが必要だけで、再び昔の「集合記憶」にアクセスしなければなりません。

追加:

日本でアイクと似ている研究する記者は ベンジャミン・フルフォード/Benjamin Fulford: http://benjaminfulford.com/

Soul_Internet

Advertisements